2011/02/21

いつからだ こんなにカレー すきっスキー

今日のお昼はカレーライスでした。
サイコロ形のジャガイモと人参、たまねぎに牛肉。甘口のカレーライス。

インドカレーやタイカレー 本場さながら凝り凝りカレーも好きだけど、
ルーのカレーも大好きです。


ベスト・オブ  「The ジャパニーズ・カレーライス」  食べたくなるのは これ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ひみつのカレーライス』



井上荒野(著)
アリス館/¥1470

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜか、昭和テイスト。 
お父さんもお母さんも和装。 子どもの名は「フミオ」。

ある日食べてたカレーライスから種が出てくる。
「かりっ。」
お父さんが書斎で調べてくれた。
「うむ、これこそ、よにも めずらしい、カレーのたねだ」そうなのか。
家族みんなで種を庭に植える。カレーライスの木はすくすく成長
ライスの実やカレーの実をつけ、ふくしん漬けの花を咲かせる。
たちまちご近所 いいにおい この辺りで腹が鳴る。
お母さんはあつまってくる近所の人を断るのに大忙し。
「いえいえ、うちは カレー屋さんじゃ ありませんってば」
あぁ、食べたい。


井上荒野さんは小説家。今作ははじめての絵本。
絵は田中清代さん。これまた素ん晴らしい絵を描かれるので、また紹介いたします。


カテゴライズするならばこれは、「イイニオイガスルえほん」です。

0 件のコメント:

コメントを投稿