2011/02/28

ごろごろと 鳴る喉すでに あぁ恋し

預かっていた友人の猫が 帰って行きました。

 ごろ


  ごろ ごろ


 ごろ ごろ



  にゃーーーーん



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ごろごろにゃーん』

長新太(著)
福音館書店/¥840


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親愛なる 長新太さま、


あなたが描いた猫のように、あんこ(友人の猫です)は飛行機にのることができませんでした。

ですから おかげで私はあんこと楽しい時間を過ごすことができました。

あんこは新しい友人(「長谷川さん」と「くろちゃん」といいます)もできましたよ。



ひこうきはねこで満席 にゃーん にゃーん 大合唱

ひこうきはごろごろごろ  ごろごろにゃーん ごろごろにゃーん

ひこうきは とんでいきます。


長さん、ひこうきはどこまで飛んでいくのですか?

みんなの機内食は魚ですか?

目が笑ってたり真剣だったりしていますね。


長さん、わたしは長さんの絵本が手放しで大好きです。


  また新しい本が読みたいですよ。





  長新太さんは2005年に永眠されました。日本を代表する、絵本作家です。

いつか、長さんだけの絵本を集めて、「勝手に長新太まつり」 をしたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿