2011/07/13

「落ち込んだり もするけれど 元気です」(無理目+言いたいだけ)

「ふもとら市」のご報告が遅くなりましたが、私はすこぶる元気です。


「ふもとら本市」はいい市になりました。

(寅さんのレポート http://www.rh-plus.co.jp/diary/2011/06/25/#003434)


寅さんは私の知ってる限り一番大きいサイズの衣装ケース一杯に本を運んでくれた。

鮮やかなアロハを来て港に立つ寅は、かっこよかったよ。

そして寅の手により上陸した本はどれも素敵な本でした。さすが。

屋久島初上陸だった本も 少なからずあったはず。


本をレイアウトするその姿も、された本達の姿も美しかった。

細やかでさりげない、しかし大切な気遣いが折に触れて感じられ「大人の配慮!」と沁みた。 寅は大人の寅でした。


Linnaさんは場所だけでなく、机や椅子も用意してくださり、開店前に私の用意の手伝いまでしてくれた。ら、直前で大慌てなことになった。やさしいでした。

いつにも増して、パンは大人気だった。

長蛇の列は、店の外まで続き 無駄にあがる脈拍をさらにあげる起爆剤となった。

健やかな畑の横に、車がずらずら連なる光景はちょっと不思議だった。


さらにさらに一湊珈琲からはミカコ氏がきてくれて、わたしは嬉しかった。



パンやコーヒーや紙袋のいいにおいがして、その中で好きな本に囲まれ、その本を手に取る人たちが居て 私にとっては「嬉しい」が充満した空間でした。


きてくださった方々も、いい時間が過ごせたと感じていただけたなら幸いです。


好きなものを持ち寄って開かれる「市」は楽しい 
こう感じられたことが今回の一番の収穫です。


という訳で。


8月にまた市をします。麓に寅、今度は「くま」が加わります。

「ふもとらくま市」

(こちらも寅さんより http://www.rh-plus.co.jp/)


心強い面々とともにに鹿児島上陸 企ててます。


詳細は近日。

そして今週の土曜日はLinnaさんで「麓書店」開店!です。

あの、本棚。もしかしたら今回が見納めかもしれません。

え?!もう本棚使わないの?という方、
え?!まだ本棚使ってたの?という方。


どうぞお越し下さい。




誰しもに、あの本棚の交渉権はあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿