2011/05/29

届いた日 玄関あけたら 二秒は窒息

家に帰ったら、









…! 
きたきた 

ゴソゴソ


ゴソゴソ


あ!


  
ーーー!!!


このたび、麓カードが生まれました。


東京で編集業を生業とする通称クマさんと 鹿児島でデザイン業を生業とする通称寅さんがこのカードをつくってくださいました。

寅さんは、「本屋の寅さん」店主でもあります。

ご縁でこの二人に出会うことができ、わたしはまた見るべき背中が増えたと嬉しく思っています。10代の後半は早く大人になりたいと思う反面、年を重ねていくことはつまらないことのように思っていました。まるで、価値が下がるかのように感じていた時期も。けれど20歳を越え、どうにか自分の足で自分の鼻が嗅ぎつける方向を探検できるようになってからは。
 ばっちり「はい、この人!」と思える大人に何人か出会えたことで 考えが一新されました。

楽しく 自由に かっこ良く 歩いている大人はどんどんと「その人自体」が研ぎすまされ、「その人自体」の高みへと進んでいるんだと思います。年齢を重ねるということはすべてその作業の延長/一環に思え、怖くも何ともなくなりました。

こういう人に出会えると、こういう風に年を重ねていけばいいんだと、大きな安心感を覚えます。


ですます調ですし。真面目に書いちゃいました。でも、たまには。


恥ずべきことも多い自分ですが、このカードをお渡しするときはしっかりと地に足をつけてお渡ししたいと思います。あのクマと寅みたく。





○麓カード ご入用の方はお知らせください○

2011/05/19

いつかこれ 映画になりそう クリス・コロンバスどう(字余り)


平日は島の小中学校で図書館司書をしています。

4月に入学・進級を済ませ  一段落したこの頃「図書館の使い方オリエンテーション」が行われることもしばしば。

オリエンテーションをする際はこの絵本を読みます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『としょかんライオン』




















ミシェル・ヌードセン
岩崎書店/¥1680

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あるひ としょかんに おおきなライオンがやってきました。
驚いたのは図書館司書のマクビーさん。
しかし、としょかんに「ライオンがきてはいけない」というきまりはありません。

ライオンは、おはなしの会に参加したり、メリウェザー館長のお手伝い(しっぽでホコリをはらう/督促状の封をするのに封筒をなめる)をしたり。

ところが、ある日、ライオンがメリウェザーさんのお手伝いをしているとき メリウェザーさんが踏み台から落ちて動けなくなってしまいます。

助けを呼びに行ったライオンは、ついにとしょかんのきまりを破ってしまいます。




いいーーーんだなぁぁぁぁぁ ライオン。とてもいい。

子どもがライオンに寄っかかって本読んでるところが、ん、とても好き。



としょかんは 開かれたところ だれでも はいれるところ

きちんとルールを 守れるのなら。

でも ルールを破ってでも 大事にすべきことがある



ルールとモラルの境界について考えさせられます。
考えさせられなくてもいいです。



そんなこと意識しなくったっていい本すから。

そんなこと口にしなくったって、長いお話なのに みんなしっかり聞いてくれるし。

そんなこと考えなくても、読み終わった後ほっこりした顔になってるので。



ちなみにこれ。2010マイベスト。

ちなみにこのライオン。モデルはニューヨーク公立図書館のあの「ライオン」。

ちなみに、あの「ライオン」今月の23日に100歳になるんですって! わお

2011/05/18

「ビスコなら 知ってるよ」 !それは 軽ショック

今日小1から小6までの約30 名にむけて読んだ絵本。次の2冊

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『やまのディスコ』
スズキコージ(著)
架空社/¥1575

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物たちが山にあたらしくできたディスコに行ってロックンロールでおどりまくるという話。

…という奇抜なあらすじすらこの絵を前にするとさして奇抜に思えない。ほど絵の力が強い。


スズキコージの絵が爆発しているのは、本人が噴火しているからで、
この人の絵を前にするとみんな心が躍るのは、そのマグマの一部分をみんながそれぞれ持っているからだと思う

ハチャメチャでバカウケ。
初版は1988年 まったく古びない。

(けど、小学生は「ディスコ」を知らない子がほとんどだった。ということは「山の中にディスコがある」というシュールさは理解できないはず、なのだが爆笑。「ディスコって知っとる?」「ビスコなら知ってるーー」「知ってるーおいしいーー」)

スズキコージ 他は追随なんてできないです 孤高の存在。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

そしてもう1冊。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『がまんのケーキ』





















かがくいひろし(著)
教育画劇/¥1050

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おいしい紅茶を買いにいった けろこちゃん を待って、ケーキを我慢している こいたろうくん と かめぞうさん。食べたくて、仕方ない。

こいたろうさん、涙も出るし 口ものびちゃう じぶんの尾びれもかじっちゃう程。

それを諌めるかめたろうさんも だいぶ首のびてるし。

なぜ鯉なぜ亀ヒロインはなぜ蛙 


そのあたりは全く触れず、ひたすらに我慢のストーリー。

2匹はケーキ、我慢できるのか。



台詞ひとつ口にするだけでクスクス・げらげら。

すでにスイッチは入っているので何を言ってもひたすら笑っていました。


今日は2冊ともヒット。こういう日は言いがたい充実感・



かがくいひろし 美術教員として教鞭をとっていた彼が 絵本作家として初めて本を出版したのは2005年、50歳の時。遅咲きのルーキーでした。2009年、54歳の若さで急逝されるまでわずか4年の間に15冊の作品を発表。どの作品もぶれていません。「もっと読みたかった」

2011/05/16

やすみあけ ぼけぼけいつまで? いつまでも

し していませんでした、長らく更新を。
た たのしいゴールデンウィークでした。広島に帰省していたので。
の のんびりしすぎですかね、もう5月も半ばを過ぎました。
ど どうしたものやら、爽やかな天気に恵まれませんが
う 嬉しいことに20日21日と連続で麓書店出店のお誘いをいただきまして
ぶ ぶつくさ言わずにさっさと準備を進めましょう
つ つまるところは楽しいことがしたいのです。
え 縁あってこの島で絵本屋をはじめたのですから
ん んーーーと楽しみたいだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『したのどうぶつえん』





















あき びんご(著)
くもん出版/¥1260


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


東京にね、上野動物園って、あるでしょ?
そこのね、バス停おりて、入り口の近くに階段があるんすよ。下りの。
国会議事堂みたいな出入り口でね。

そこをね、どんどんおりてくとね、あるんす、「したのどうぶつえん」が。

え?知らないって?そうっすか

んでね、上の絵。見てもらえます?何だと思います?ゴリラ?
や、まぁそうなんすけどね、ひーだーりーが「まんごーりら」です。そ、まんごーりら。
で右がね、「りんごりら」です。りんごりら。

で、うたってるーなんです。
「あわてんぼうの まんごー」「あばれんぼうの りんごー」っつって。

つまりね、そういうことなんすよ。

とらとらっく に ばくばいく でしょ。もしもしかもしか に おがみおおかみ
で ぱぱいやぎ っちゅう訳です。

意味 わかりません? うん、多分ね、見た方が早いっすよ。


ばいばいそん



あ、
20日は10時より安房 健康の森公園にて「おおきなもり
21日は11時より13時まで平内の通所介護施設 ミニ・デイ野の花のバザーに出店です。