2011/07/27

くま増えて ふもとらくまで 鹿児島で


 先月、屋久島に来島してくれた寅。一緒に「ふもとら市」を開いた寅さんこと花田理絵子さん。
 
 その寅さんとの仲をつないでくれたのがくまこと井上美佳さん。そのくま ただいま在島中。

 くまは、大人で女性の立派な編集者です。東京から来ました。

 毎日が珍プレー好プレーの連続で、「これぞ夏休み」の好き勝手な日々を過ごしています。


 その三人が鹿児島でちいさな本の市をすることになりました。

 屋久島からは一湊珈琲焙煎所とLinnaという心強いメンバーも共に上陸、参戦となります。

 「麓書店」、鹿児島の「本屋の寅さん」、ふたりをつないだ東京の編集者(通称くま)で「ふもとらくま」。

   会場は鹿児島市内 レトロフトMuseo

 8月7日 sun.11:00~17:00




麓書店、初の遠征です。どうなることやら!
今日はくまに手伝ってもらってせっせと市に向けて準備をしました。
とても、たのしみ。
鹿児島での開店となりますが、屋久島からの来店もお待ちしております。
みなさま、ぜひお越し下さい。

 

 



2011/07/15

明日はね 新旧交代 時代動くよ(言い過ぎ)


○○○麓開店情報○○○

明日 2011年7月16日(土)

11:00〜

Linna (宮ノ浦)

○○○○○○○○○○○○○

とても気に入っているのだが、如何せん重い

という理由で、木製移動本棚の使用をやめます。

暑い、本が日焼けする 

という理由で、タープを買いました。

明日 初お目見えします。

玄関に届いてて、ほら。あまりの大きさに怯んでいます。



あぁ、今日は満月でした。海には月の道ができていました。






2011/07/13

「落ち込んだり もするけれど 元気です」(無理目+言いたいだけ)

「ふもとら市」のご報告が遅くなりましたが、私はすこぶる元気です。


「ふもとら本市」はいい市になりました。

(寅さんのレポート http://www.rh-plus.co.jp/diary/2011/06/25/#003434)


寅さんは私の知ってる限り一番大きいサイズの衣装ケース一杯に本を運んでくれた。

鮮やかなアロハを来て港に立つ寅は、かっこよかったよ。

そして寅の手により上陸した本はどれも素敵な本でした。さすが。

屋久島初上陸だった本も 少なからずあったはず。


本をレイアウトするその姿も、された本達の姿も美しかった。

細やかでさりげない、しかし大切な気遣いが折に触れて感じられ「大人の配慮!」と沁みた。 寅は大人の寅でした。


Linnaさんは場所だけでなく、机や椅子も用意してくださり、開店前に私の用意の手伝いまでしてくれた。ら、直前で大慌てなことになった。やさしいでした。

いつにも増して、パンは大人気だった。

長蛇の列は、店の外まで続き 無駄にあがる脈拍をさらにあげる起爆剤となった。

健やかな畑の横に、車がずらずら連なる光景はちょっと不思議だった。


さらにさらに一湊珈琲からはミカコ氏がきてくれて、わたしは嬉しかった。



パンやコーヒーや紙袋のいいにおいがして、その中で好きな本に囲まれ、その本を手に取る人たちが居て 私にとっては「嬉しい」が充満した空間でした。


きてくださった方々も、いい時間が過ごせたと感じていただけたなら幸いです。


好きなものを持ち寄って開かれる「市」は楽しい 
こう感じられたことが今回の一番の収穫です。


という訳で。


8月にまた市をします。麓に寅、今度は「くま」が加わります。

「ふもとらくま市」

(こちらも寅さんより http://www.rh-plus.co.jp/)


心強い面々とともにに鹿児島上陸 企ててます。


詳細は近日。

そして今週の土曜日はLinnaさんで「麓書店」開店!です。

あの、本棚。もしかしたら今回が見納めかもしれません。

え?!もう本棚使わないの?という方、
え?!まだ本棚使ってたの?という方。


どうぞお越し下さい。




誰しもに、あの本棚の交渉権はあります。