2011/09/30

土気色 それでもメルヘン? もしくはホラー



「だいふくもち」という絵本があって、私はその本がとても好きなんですけど。

「絵本が好きだ」というと「メルヘンチックなものが好きだ」と誤解されることがあります。


「メルヘン」て言うと こう 動物が話したり 魔女や魔法使いがでてきてお花畑でふわふわふわ、うふふふふ、あはは、といったイメージを抱く。


あの、なんていうか、食べ物で言うとマシュマロ的な。


けど、私はそういうものが好きだから 絵本が好き な訳ではないです。





「だいふくもち」。

しゃべるんですけどね。大福餅が。これも「メルヘン」でくくれるんしょうか。





「ごさく」って呼んでくる。


仕事もせんとぐうたらのごさくを。ひるまだって人のこないごさくの家に夜やってきて、

「ごさく はらが へったぞ。なんか おおせ」

ってしゃべりかけてくる。

どうも、かれこれ さんびゃくねん、すみついちょるらしい。

それで、なんも くうちょらん。 


はらが ひついて しょうがない らしい。

で、あずきを喰わせろといってくる。




どうですか? 

あずきを喰わせると、

「もっくり むっくり」うまそうにかんで(ここの描写がすごい、怖い)


「ぽこんと こんまい だいふくもちを うんだ。」






怖。ぽーんと生まれるんです、こんまい餅が。


しかもそれを うまいうまい とごさくは喰うんです。







なんかもう、あはは、うふふの世界じゃないです。

色も、淡いパステルは微塵も見られず、基本 茶色、黄土色の世界。






確かにこの世のものとは思えないという意味では「メルヘン」と呼べるのかもしれない。


しかし、かといっていわゆる「メルヘンチック」では全然ない。


逆説的に言えば、とてもこの世のもの臭いんです。




矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、
おとぎの話、違う世界の話、夢物語では終われず、すごく人間臭くて恐ろしい。




 と、私は思うんですが、そんな事抜きで おもしろい。


 
 子どもは、チーム怖がる と チーム爆笑 に分かれます。






   怖いけど、食べたくなってきました。餅。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
田島征三(作)
福音館書店/¥840




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011/09/25

秋ですか… あ、そうなんですか …そうですか

すっかり秋めいている。

今日なんて涼しくて気がつけば2時間も昼寝していた。

最後辺りは目が覚めたりまた夢の中に戻ったり、曖昧な感じだった。
右手が動かないなーと思って動くように念じたのは夢だったのか、
携帯が鳴ってメールを確認した気がしたがそれは真だったのか。

裸足が好きで靴下が苦手な冷え性としては、この時季まだ裸足でいきたい、が冷える。
ので足湯をしてみたり。

おいしい梨をいただいて、しゃくりしゃくりと食べてみたり。

と、なんだかごまかしごまかしの毎日。

夏がとても好きなので、去られたのが未だ寂しい訳です。


もう少しすれば、慣れてきて手放しで秋を喜べるのだけれど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






















石津ちひろ(文) 山村浩二(絵)
福音館書店/¥1365


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いや、まだこれ夏の絵本なんですけどね。


くだものみんなで海水浴に行くんです。


しかしそこは言葉あそびの名人、石津さん。


「かいすいよくには いかない スイカ」


てな具合に始まります。あらら。


「マンゴーの まご まごまご まいご


てな具合に進みます。


「もしもし スモモの おすもうさん」


絵は「頭山」や「バベルの本」で知られるあの、山村浩二さん。
みんな瞳孔開いてる感じで、いいなぁ。


楽しかった夏の思い出を振り返りつつ、ページをペラペラしています。


長い間更新が滞っていました。


どうもすいません・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


「ビワの おわびは おわらない」


とか言ってみたりして。わたしビワじゃないけど。


秋ですねー、とんと涼しくなりました。


麓日和も増えてきました。 


エンジンかけていきます。


またよろしくお願いいたします。