2012/07/04

「まかせろ まかせろ おれにまかせろ」

久しぶりに、ドンっときました。

////////////////////////////////





















高野文子(作・絵)
福音館書店/¥410

/////////////////////////////////


(もうこの表紙だけで掴まれているのだけど、)

これ、とてもいいです。

眠るのも かならずひとりですることだから、怖いときがあります。
大人の私でもあります。

あったかくて、やさしい  安心した気もちで毎晩眠りにつけたらいいけれど。


「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん 

あさまで よろしくおねがいします あれこれ いろいろ たのみます」

いろいろ たのみます。おねがいするんです。
神様にお願いしてでも手に入れたいものです。

おしっこ、こわいゆめ、寒くないようにしっかりあっためて。

「まかせろ まかせろ おれに まかせろ」


なんて頼もしいことか。

「まかせろ まかせろ おれに まかせろ」


くり返し唱えられるこのささやきが、まるでおまじないのように響きます。


寝具との会話だけで成り立つこのシュールな世界を
極めて温かく、自然に、見事に描ききったのは やはり 高野文子さんだからこそだと。
(そう。あの、漫画家 高野文子さんです。)


シンプルな描線で、こんなに豊かで奥行きのある絵本ができるんだ だ 脱帽。



– 副交感神経の働きを促す系絵本 麓認定 –



(あのー、すごくわかりにくいと思うけど、個人的にはこの絵本を松山ケンイチ氏に青森弁で読んでもらいたい。質朴にして淡々と。)







1 件のコメント:

  1. こんにちは!初めてブログ見ました。一人で本積んでまわっているのですか?いいな(*^o^*)
    おしいれじいさん、しきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさん。気になります。まくらに明日もよろしくお願いしてたなぁ♪
    ブログ、お気に入りに登録しちゃった!読ませてくださいね♪
    お元気で。私も一箱本送り隊、少しですけど、やってます。

    返信削除