2012/07/30

ふもとくんが、ホラ!
バッチになった!
石巻から帰ってきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

一箱本送り隊 石巻ブックエイド in STAND UP WEEK 2012

http://honokuri.exblog.jp/18460597/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

広島から夜行バスで東京へ、東京から夜行バスで石巻へ。
夜と夜をバスでくぐりぬけて、石巻へいってきました。

はじめての石巻でした。

津波や地震の爪痕は町の至るところに。
その中で毎日の生活を営む人の笑顔も至るところに。
隠された苦悩も隠しきれない苦悩も至るところに。


あったであろうものがない風景に圧倒され、
残された風景に胸が詰まった。

あったであろう風景を愛でてきた人の気持ちは、
この風景を前に 如何なるものか。

想像をすることしかできないけれど、
想像をすることはできるので、
できるだけ想像した。

それだけで精一杯の2日間でした。



一箱古本市も古本バザーも盛況でした。両日、涼し、…いやちょっと寒いくらいだったなぁ。
一日目は一箱古本市の店主として参加。
10時の開始を皮切りにぞくぞくと箱をのぞきにきてくださいました。
おとなも、子どもも。





会場の様子。お客さんきてくれて一安心 

麓の一箱
一箱古本市にははじめての出店でしたが、おかげさまで楽しく営業できました。
津波で本を全部流されたというお客様も数名。
アニメ版『赤毛のアン』をお孫さんにと全巻買ってくださったご婦人。
あとから差し入れに“ぽたぽた焼き”と“雪の宿 黒糖みるく”を持ってきてくださって。
うれしいやら、恐縮するやら、うれしいやらおいしいやら。
他の出展者の方やお客様と みんなでボリボリおいしくいただきました。

2日目は映画と絵本の「おはなしくらべ」に参加。
朝10時半の開始なのに、昨日とは打って変わって ひとっこが少ない少ない。
子ども、いやしない。
ひやひやしましたが、最終的にはいい具合に集まってくださいまして、ホ。
『かにむかし』たのしかったな。
映画の『おこんじょうるり』もよかったなぁ。
おこんもおばあちゃんもかわいかった。
(映画は全て岡本忠成監督作品)

今回、「東北シネマエール」さんと一緒に、はじめて「おはなしくらべ」
という試みをしましたが、面白かったですね。
それぞれの違いをたのしんでもらえたように思います。
また機会があればぜひ。

その後午後からは私も町を散策。
古本市とバザーを見ながら石巻の市立図書館へも行き、見て!


スタンプラリーもコンプリート!!(はんこかわいい)やったね。
ナカムラユキさんの絵本をいただきました。



イベントが終了して1週間が経ちましたが、まだまだまとまらない頭の中。
石巻では、会う人会う人が「石巻にきてくれてありがとう!」と。
「今は(外から)たくさん人が来てくれる。だからこそ今のうちに、吸収できる事はたくさん吸収しないと、これから石巻がやってきけるために。」という人も。

できる事は何か、考える。
考え続けること。
自分が望んでいる事は何か、考える。
忘れない事。


月並みなことばですが、
たくさんの出会いに感謝しました。

またきたいな、と思わせてくれる町でした。石巻。

イベントを主催してくださった方々、スタッフのみなさん、そして石巻でお会いすることのできたすべてのみなさんに感謝申し上げます。

ありがとうございました。


《追記》あんなに涼しかった石巻も、これから連日30℃を超すようです!
    各地あついあつい! みなさまどうぞご自愛ください。





□オマケ①□ サイレント映画の野外上映。活弁はじめてみた。や、すごいよかった。
ギターとフルートの生演奏付き。や、すっごいよかった。バスター・キートンに大爆笑の夜
□オマケ②□ 東京の一箱本送り隊の作業所。実用的な分類すばらしい。




1 件のコメント:

  1. おかえりなさい。ふもとくんバッチかわいいね~~~
    石巻、行ってよかったですね。行って初めて分かることがいっぱいですよね。

    返信削除